2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

桜の木の下で



camera: LOMO LC-A


平日の昼下がり。
立ち寄った公園で。

≫More...
スポンサーサイト

| landscape | 11:59 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

baby twins ♪





赤ちゃんの手って
ほんとうにちっちゃくてやわらかくて光ってて
でもちからづよい。



110415twins_5.jpg



ミニチュアみたいなちっちゃなつめがちゃんとある。(あたりまえ)
足の指がとても器用によくうごく。




110415twins_4.jpg


顔を真っ赤にして泣く。(赤ちゃん、の名の通り)
力いっぱい全身で泣く。
ちいさな体からびっくりするほどのパワー。
放出するエネルギー。
まぶしいくらいの命の輝き。



≫More...

| Portrait | 00:43 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一歩

110415_2.jpg

camera: LOMO LC-A



2011年4月15日。
会えなかった時間を感じさせない
変わらぬ友たちの笑顔と優しさ。
顔を赤らめて力いっぱい泣く赤子の生命力。
こちらが笑いかけると満面の笑みを返す無垢な瞳。
久しぶりに声を出して笑った一日。
父の3年目の癌検診も無事に終わり
懸案だった仙台の祖母をこちらへ連れてくる算段も整った。


一歩、前へと踏み出せたような気がした一日。

ありがとう。。。







しつこく桜でごめんなさい;
近所の桜。名所なわけではないけれど、この場所も好きで毎年撮りに行きます。
久しぶりの雨で、桜もとうとうこの週末で見納めとなりそう。



≫More...

| landscape | 00:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

春のリレー

110413_5.jpg




当地の桜もそろそろ終盤。
さらに北の地へ春のバトンタッチ。









≫More...

| | 11:30 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひと月 / 4.11




今日の夕方のさくら。

大好きな薄曇り&夕方のさくら。
≫More...

| その他 | 23:39 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT



camera: Lomo LC-A


≫More...

| Portrait | 21:30 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜夕景#2

110405_2.jpg



夕方の桜はあっというまに日がかたむいて。





110405_3.jpg



≫More...

| landscape | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

桜夕景#1




昨日。夕方の桜。





110405_6.jpg



≫More...

| landscape | 23:07 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さくら

110401_3.jpg


さくらの花が咲きました。

今年はいつにもまして、さくらの花が待ち遠しかったのです。
少しずつ北上するさくら前線。
東北の地にとどくのはまだ少し先。

うつくしい日本の花。
今年はたくさんの思いを込めて、できるかぎりたくさんのさくらの写真を撮ろう、
と心に決めています。

≫More...

| Flowesr and Greens | 21:58 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Spring Ephemeral



*degi


実家の辺りでは、かたくりの花が咲き始めました。

この花になじみの無い方も、片栗粉、という言葉はご存知かも。
片栗粉は、もともとはこの花の球根のでんぷんを使っていたのです。
(今はじゃがいもやさつまいものでんぷんが使われているものがほとんどですが)

かたくりErythronium japonicum Decne.は、
春を告げるスプリング・エフェメラルのひとつ。
スプリング・エフェメラル(Spring ephemeral)とは、早春の短い期間に花を咲かせる春植物のこと。
雪国では雪解け直後の春先に地上に顔を出し花を咲かせます。
その花期は短く、その後は初夏までは葉が残りますが、
夏には葉も枯れ、あとはじっと地中で過ごします。
春の妖精、とも訳されるこの言葉は、その短い花期から、春の儚いもの、という意味があります。

儚いもの、と表現されると、少しかよわいイメージになるけれど、
一年のほとんどの期間を地中で過ごし、
雪解けとともに真っ先に、まだ芽吹き前の落葉樹林のあしもとで
一斉に花を咲かせる春植物の姿には、
むしろ生命力に溢れた力強さを感じます。

種が落ちてから地上に花を咲かせるまで、じつに8年近い歳月をかけ、
厳しい冬の寒さを幾度も乗り越えながら、その球根に栄養を蓄えて
かたくりはやがてこんなにも美しい花を咲かせるのです。


≫More...

| Flowesr and Greens | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。