2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

陸前高田つづき

ひと月空いてしまいましたが、前回のつづき、陸前高田への旅。
一本松茶屋から奇跡の一本松までの道。です。


140929rikuzentakata_ipponmatsu05.jpg

前回紹介した一本松茶屋に車を置いて、大型ダンプが行き交う国道を渡って一本海沿いに入った道へ。


140929rikuzentakata_ipponmatsu06.jpg

平日だったけれど、私と同じように奇跡の一本松へ向かう人たちが思った以上にいました。
ある人はひとりで、ある人は家族や友人、恋人と。ある人は観光バスで団体で。



140929rikuzentakata_ipponmatsu03.jpg


140929rikuzentakata_ipponmatsu07.jpg

フェンスに囲まれた工場地帯みたいな細い道を行くと、途中に展望用の高台が。



140929rikuzentakata_ipponmatsu08.jpg

階段をあがると、陸前高田の海沿いが広く広く見渡せます。
空を巨大な龍が飛び交うみたいに交差するベルトコンベア。どこまでも広がる造成地。
カメラを向けたけど、その景色はうまく収めることができなかった。
もうすっかりがれきもないし、まるで都市部の大規模な新興住宅開発地みたいになっているけれど
津波の被害の大きさに圧倒されて。



140929rikuzentakata_ipponmatsu09.jpg

道を進むとベルトコンベア越しに見えてくる一本松。
ここが美しい松原だったことがうまく想像できない。
たびたびテレビで見てイメージしていた一本松の、赴きある雰囲気とは印象が全く違いました。



140929rikuzentakata_ipponmatsu10.jpg

一本松の後ろは震災遺構として残されているユースホステル。
震災当時の姿を残し、今私たちが見られるのは、
ここや海辺の道路沿いにある道の駅、旧雇用住宅など数カ所。
残すことで辛い思いをされている方もたくさんいらっしゃると思いますが
こうして残していただけることで、余所から来た私のようなものも
当時の凄まじさのほんの一端でも感じることができて、とても感謝しました。



140929rikuzentakata_ipponmatsu11.jpg




140929rikuzentakata_ipponmatsu13.jpg

帰り道。フェンス越しに。


140929rikuzentakata_ipponmatsu14.jpg


* * * *

訪れてからずっともやもやしていた感情が何か、日が経つにつれ少し頭で咀嚼されてきました。

閖上地区を見た時は、手つかずのその様子に、
時が止まってしまったような、もしくは、まるで最初からそこには何もなかったかにされてしまったような、
そんな姿に歯がゆい思いを感じました。

陸前高田は、町に入るとそこら中に○○建築・○○組と書かれた建築会社やJVのプレハブ事務所、
作業員さんたちのプレハブ宿舎があって
大きなダンプが行き交い、ベルトコンベアが休むことなく土を運んでいます。
復興に向けて進んでいる証。喜ばしい姿のはずなのに、なぜだかもやもやした気持ちが拭えなかった。
町を覆う巨大なベルトコンベアやたくさんの建築関係のプレハブ。
住んでいる人はどこにいってしまったんだろう・・・?
町だった場所に今は人の暮らしの気配はまるでありません。

わたしの目にはなんだか、津波にのみこまれたこの海沿いの小さく美しい町が、
今度は資本主義とか経済とか国とか・・・そういう巨大なシステムにのみこまれてしまっているように見えたのだと思います。。。

・・・それがただの私の錯覚でありますように。
この作業が純粋に陸前高田を新しく前よりもっと素敵な町にしてくれるものでありますように。
心から祈るばかりです。



*私も参加しています*
2c6204b8e16d688fbd17860c3f48c0d1.jpg
c42a6e9b61e7cba5648668d4488a872a-300x70.jpg



camera :LOMO LC-A and Nicca 3F + KMZ ORION-15(ОРИОН-15)28mm / f6 *film


スポンサーサイト

| その他 | 21:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。