2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

火の用心

FH020023.jpg


日中の暑さは相変わらずだけれど
立秋あたりを境に
朝晩の風が少し涼しくなったような気がする。(気がするだけ?;)
とはいえ、昼間に籠った熱は冷房の中にいてもなかなか冷めなくて
夜何度となく寝苦しくて目を覚ます、という日々が続いています;
夏ばて。

FH020016.jpg


今日、夕食を摂り終えてうとうととうたたねしていたら
遠くから拍子木を打つ音と幾人かの男の人たちの
何か調子をつけた声が聞こえてきて
だんだんと近づくとそれは
夜回りの掛け声だった。

「戸締まり用心、火の用心」

こんな時期に火の用心?と一瞬驚いたけれどすぐ、
そうか、お盆だからだ、と気付いた。
このあたりでは、きっと今も多くの家で迎え火や送り火を焚くのだろう。

私が越してきたこの辺りは旧街道に面していて
それらしい趣が微かに残っていたり
暮らす人たちの様子にも
古き佳き時代のしきたりや慣習の名残みたいなものが感じられることがある。
朝市があったり、夏祭りがあったりもして
そういうところが気に入って越してきたのだけれど
夏の夜の「火の用心」の声や拍子木の音も
地元の人たちの温もりの一端に触れたような気がして
ぬくぬくと心があったかくなった。
いい町に引っ越したんだな。と。

一度遠ざかっていった掛け声と拍子木の音は
しばらくすると今度は反対側から戻ってきて
今度はその中にこどもたちの声も混じっていた。
姿は暗くてよく見えなかったけれど
その様子を想像したら思わず顔がほころんだ。

140814lca01.jpg

camera: LOMO LC-A *film


*私も参加しています*
2c6204b8e16d688fbd17860c3f48c0d1.jpg
c42a6e9b61e7cba5648668d4488a872a-300x70.jpg


スポンサーサイト

| | 22:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。