PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Agfa de Nagoya

Agfa de Nagoya 03

place:愛知 名古屋
camera:Lomo lc-a
film:Agfa vista100
絞り:A 距離:∞
June 10, 2005, cloudy

Lomo LC-Aで相性良し!とよく言われているのが
Agfaのフィルム。
初めてAgfaで撮影した名古屋の街(お昼編)です。

Agfa de Nagoya 02


Agfaは、私の生活エリアでは
FujiやKodak、Konicaみたいに
どこでも見かける・手に入る、というものではありません。

おまけに、Lomoちゃんが手元に届いた直後、
Agfaphoto社破産のニュース。
(Lomoの生産中止に続いて…
いざこれから、という身にはショックなニュースです)

とりあえず、Lomoで使うような35ミリフィルムは
販売が継続されそうだという話で、一安心ですが、
個性的なラインナップは次々打ち切りになっているようです。

Agfaで撮影した写真があがってきたときの
正直な感想は
「うわっ、渋い、青い」
でした。
見慣れた名古屋の街が、
ヨーロッパの空気に包まれたみたいに、
ブルーグレーの透明フィルムをかけたような色になりました。

フィルムの入手しにくさ同様、
よくある写真屋さんでは、
Agfa本来の色はなかなか出ないというお話も
よくネットでは目にします。
純正仕上げをしてくれるお店も少ないようですし…

そんなわけで、これが本来の色かどうか不明ですが、
今まで撮っていたFujiの色とは確実に違う。
Konicaとも違う。
フィルムでこんなに違うんだー、と
改めて感心させられたのでした。

Agfa de Nagoya 01
関連記事

| | 17:59 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

はじめまして。
はじめまして。
私もAGFAユーザーです。(カメラはHOLGAなのでちょっと違いますが)
大阪だとヨドバシカメラで現像をお願いするとAGFAラボへ現像を
まわしてくれます。
ただ現像に「中2日」かかるので、つい早いところで現像してしまいがちだったりします。
お住まいの場所がわからなかったので。
全然役立たない情報だったらすみません。

| Aug | 2005/08/08 00:03 | URL | ≫ EDIT

ありがとうございます!
Augさん、おたずねいただきうれしいです。
Agfa情報、ありがとうございます!!
やっぱりヨドバシカメラですか。
じつは私が住む愛知県など東海地方にはヨドバシカメラがないんです。ううう(涙)
Agfaラボでの仕上がりと、ほかのところとで出したときの仕上がりはいかがですか?やっぱりかなり違うものでしょうか?
(ふつうに出してもラボによってかなり違いますもんね・・・)

Augさんのお写真見てると、やっぱりホルガもいいなあ・・・とあらためて感激します。美しいです。色も構図も!

またいろいろ教えてくださいね。
どうぞよろしくお願い致します。

| four-leaf clover | 2005/08/08 09:55 | URL | ≫ EDIT

こちらこそありがとうございます
私のBLOGの方にもお越しいただきありがとうございました。
そして全然役立たなくてすみませんでした。
近々、AGFAラボで現像したものとほぼ同じ時間にほぼ同じものを撮ったものが別ラボ(←fuji)から上がってくるので、またレポートしますね。

ちなみに現在わかっている感触としては
fujiラボ。(実はカメラのナニワ。かなり大阪にしかなさそう〈苦笑
〉。仕上げが早い。〈2時間程度で仕上げてくれます〉)
現像(フィルム1本)+CD焼きで1000円ちょっと。
1840×1232で落としてくれます。(holga35mmはやや変形サイズです)。
AGFA純正ショップは現像+CD焼きで900円弱。(仕上げは上述の通り中2日。現像に出す時間によっては3日かかります)
画像仕上がりは、3024×2005。
色合いは只今夏の光線が強いので私には判別がつきにくいのですが、AGFAショップ仕上げの方が現段階では原色が強い気がします。
ただ最初に使ったフィルムが「コニカミノルタ、プロユースISO400」だったのです。(なぜかこれしか売っていない店だったのです。周辺にテレビ局と新聞社があったせいかもしれません。)
これがまた微妙に切ない色を出してくれまして...(でも現像はカメラのナニワです)
色合いには好き嫌いがあると思うので、なるべく主観にとらわれないようレポートしたいと思います。長文、すみません。
また、よろしければ遊びにこさせてください。

| Aug | 2005/08/08 23:25 | URL | ≫ EDIT

Augさん、情報感謝!です
Augさん、詳細情報ありがとうございます!
なるほど、すごく参考になりました。
AgfaラボとFujiラボでの比較レポートも、とても楽しみにしています。またぜひ教えてくださいね!

私も普段は、Fujiラボに出すことが多いです。
値段や仕上がり時間などはナニワさんとほぼ一緒。
(私は「カメラのキタムラ」に出しています)

ここ数回、Kodak系ラボに出してみているんです。どう違うかなーって思って。
やっぱりかなり違うものですね、仕上がり具合・・・。
Kodakラボ(私が出しているのは東海地区にしかない「三星カメラ」)は、値段はFujiより若干安いのですが、CDのデータは、Fujiより解像度が一段低くなっています。(解像度上げると時間もお金もかかるそうです)
プリントはKodakペーパーの特色か、黄色が強くなるような気がします。(データはそうでもないです)
データは、Fujiラボがかなりハイキーな明るくしゃびっとした色に仕上がるのに比べて、Kodakラボはかなりシックに濃い色で仕上がってきました。

ロモは、周囲の色が落ちる「トンネル効果」が味の一つですが、今までなかなかそういう写真が撮れないなーって嘆いていたんです。ところが、Kodak系で上がってきた写真はどれもトンネル効果絶大でした。

KonicaMinoltaのフィルムの色も、いいですよね、やわらかくて・・・
私はJX100しか使ったことないですが、結構好みの色で撮れます。プロユースISO400,今度見つけたら使ってみます!

| four-leaf clover | 2005/08/09 18:02 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/11-7087efe6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。