PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

早春の海

070227Pola003.jpg

camera:Polaroid Spectra MB

実家へ帰る道すがら、山にマンサクが咲いているのを見つけました。
まだ芽吹かない枝ばかりの山に
何よりも早く咲く黄色のかたまり。春の徴(しるし)。




070227Pola004.jpg

(以前小さく載せたことのある写真ですが…)


***近況報告的覚え書きメモ***

■あおむしを放す
我が家にいたあおむしくんを近所に放しました。
お花好きらしく、いつもたくさんの種類のお花を咲かせているおうちの庭先に。
ここならきっと好みの葉っぱもあるだろうと。
(お庭の持ち主さん、ごめんなさい)
がんばって生きてほしいです。


■映画を見る

先日映画を見に行きました。
一度行ってみたかったミッドランドスクエア・シネマ
(新しい本革張りのシート。夜にはワインを飲みながら鑑賞もできます。)
演目は…「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」。
以下少し内容が分かってしまうので知りたくない方は読まないでね^^


以前「チャーリーとチョコレート工場」の話題でも書いたのだけれど、
ワタシ、ティム・バートン&ジョニー・デップ コンビの大ファン。
が、今回はちょっぴり不安を抱えながらの鑑賞。
ティム・バートンのちょっぴりホラーなファンタジーの世界は大好きなのですが、
スプラッタは大の苦手。
スリーピー・ホロウ」のときも、映像は本当に美しくて感激だったのですが、
スプラッタなシーンはどうにも耐えられず、一度見た切り。
彼らの作品で唯一手元にも置いていないのです。
今回の作品もこっちよりな気配が濃厚。

はじまってみると
やっぱりティム・バートンの世界は素晴らしかったです。

トッドが復讐のために戻るロンドンの街は
どこまでも暗く冷たく色彩が失われ
だからこそ赤い色だけが鮮やかに浮き立ち。
幸せだった過去はすべてが黄金色に彩られ。
ラヴェット婦人が夢見るトッドとの未来は
突き抜けたように明るく色艶やか。
セット、衣装、映像の色み、すべてが細部まで調和して
そのトーンを作り上げていました。

そしてもうひとつ素晴らしかったのは俳優陣の歌。
歌うらしい、ということは聞いていたのですが、
この映画、全編ミュージカル仕立てになっていました。
おどろおどろしい世界に美しい旋律。
(このおかげでずいぶん、恐怖感が和らぎます)
ジョニー・デップもヘレナ・ボナム=カーターも何しろ歌が上手くてびっくり。
今回プロの歌手の出演者はひとりだけで、
あとは皆さんほとんどミュージカル初体験だとのことですが
やっぱり一流の役者さんはすごいなあと。
歌先攻になるミュージカル俳優さんだと、
キーやピッチが正しくとも、
お芝居に歌が挿入することにどうしても違和感が出て
なじめない場合が多いのですが、
今回の役者さんたちの歌は感情の発露としてのメロディ、
という感じがすごくよく出ていて
とてもすんなり受け入れることが出来ました。

ただ。
後半やってくるめくるめく殺戮シーンは
あまりにすさまじく直視することはできませんでした。
見終わったあともしばらく気分の悪さを引きずります。
(しばらくお肉料理はやめておこう)
R15指定になってますが、R25とかR30とかにした方がよいのでは?と思うほど。
(隣で見ていた女子高生二人組は、しばらく席を立てずにいたし)

ストーリー全体は、古典的なプロット。
でもティム・バートンはどうしてこんな恐ろしいシーンを描きたかったんだろう?
疑問がふつふつ湧きました。
帰ってから調べてみると…
このお話、しっかり原作があったのですね。
ロンドンでは古くからの都市伝説ともいうべきお話で
150年も前から舞台で上演されているものだそうで。
今回の映画は、ブロードウェイのミュージカルとして作られたものが原作。
歌もほぼ忠実に再現していると。
しかも、そのブロードウェイミュージカル版の作者は
かの「ウェスト・サイド・ストーリー」を作詞した
スティーブン・ソンドハイムだと知ってさらにびっくり。
歌いながらの殺戮シーンも、ちゃんとミュージカルにもあるそうで。
どうしてこんな内容を舞台で(しかもミュージカルで)上演しようと思ったんだか…
(ちなみに昨年日本でも、このミュージカル版「スウィーニー・トッド」が、
 宮本亜門さん演出で上演されていたようです。
 配役は、トッドが市村正親さん、ラヴェット婦人が大竹しのぶさん、
 という何とも魅力的なもの。見たかったなあ。)

…でももしかすると、今の私たちが感じるよりずっと
150年前の人たちにとって
こんなスプラッタなシーンは日常的で身近なものだったのかもしれないですね。
当時のロンドンは死刑をエンターテインメントとして楽しんでいたというし、
さらにもっと昔は、「グラディエーター」じゃないけど、
人の殺し合いを見て楽しんでいたみたいだし。
日本にしても、昔はさらし首なんてものもあったわけだし、
平安時代なんかには道ばたや町に死体が転がっていたと聞くし…
そんな場面はすぐ隣にあるものだったのかもしれない、と。
生と同じように残酷な死は共にあるはずのものなのかもしれない。
だからといって
今のこの時代にこんなシーンが必要か?という疑問は拭えないんだけれど。
きっとテレビ放映はムリだろうし、
映像と歌はとにかく素晴らしいし、
スプラッタなシーンを覚悟して行けば、
映画館へ見に行く価値アリです。

どうか監督、同じ刃物でも、できれば次回作は
シザーハンズ」のような
心あたたまるファンタジーをぜひお願いします。


追記
ティム・バートン&ジョニーデップの作品で
個人的にとっても好きな「エド・ウッド」。
あまり話題にされない作品ですが、
とうとう今晩、衛生映画劇場(NHK BS2)で放送されます♪
実在のB級ホラー映画監督エド・ウッドと映画作りに携わる人々の姿が
おかしくも愛らしく描かれています。
監督の、映画や日の当たらない存在のものたちへの愛で溢れていて、
とても好きなのです。
全編モノクロの映像は、カットごとの絵が美しく、
古き佳きハリウッド映画のような上質な仕上がり。
この作品で助演男優賞を受賞したマーティン・ランドー。
彼の愛嬌と哀愁と威厳ある演技にも涙が流れます。
見るたびに、私の中では
ビリー・ワイルダーの「サンセット大通り」が重なって
よけいに感慨深く見てしまう作品です。
気になった方はぜひ、今夜の放送、ご覧くださいね!

*本日も長文失礼しました!ここまで読んでくださった方ありがとう?m(_ _)m



チャーリーとチョコレート工場『チャーリーとチョコレート工場』

出演:ジョニー・デップ フレディー・ハイモアほか

ワーナー・ホーム・ビデオ
2007-10-12



Amazonで詳しく見る

スリーピー・ホロウ<DTS EDITION>『スリーピー・ホロウ』

出演:ジョニー・デップ クリスティーナ・リッチ ほか

ポニーキャニオン
2003-12-17


Amazonで詳しく見る

シザーハンズ (特別編) (ベストヒット・セレクション)『シザーハンズ』

出演:ジョニー・デップ ウィノナ・ライダー ほか

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2007-11-21



Amazonで詳しく見る

エド・ウッド『エド・ウッド』

出演:ジョニー・デップ マーティン・ランドーほか

ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント
2006-01-25



Amazonで詳しく見る

サンセット大通り『サンセット大通り』

出演:グロリア・スワンソン ウィリアム・ホールデンほか

ファーストトレーディング
2006-12-14



Amazonで詳しく見る

by G-Tools

関連記事

| landscape | 14:34 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

私はジョニーD好きです!
きわものがとてもうまいです。

で気になってました。最新作!
みてみたいけど、
最後がダメかもしれません。。。

”ショコラ”もステキです。

| ほんにゃん | 2008/02/08 14:48 | URL | ≫ EDIT

もう春っぽいのか~
こっちはまだまだ雪の中って感じだよ。
春が待ち遠しいなw

私もスウィニーみてきたよ!
しかも2回も^^;
1年位前に、市村正親とか大竹しのぶらが舞台で
やってたよね?
そのときから気になってた作品でさ~
ジョニーDだし!って思って見に行ったんだけど
私は、船乗りの青年に惚れてしまいましたよ(笑)
あのお兄さん見たことあるけど、なんて俳優かな?
ほかの作品もみてみた~い!
ジョニーD作品では、ほかにギルバートグレイプも好きだよw

| 殺姫 | 2008/02/08 17:47 | URL | ≫ EDIT

■ほんにゃんさん♪

ほんにゃんさんも、ジョニー好きですか♪お仲間ですね^^*
わたしも若かりし頃(?)に「シザーハンズ」を映画館で見て以来の
ジョニー・デップ・ファンです。
ジョニーさんの作品では、その「シザーハンズ」と
「ギルバートグレイプ」がとくに大好き!
「ショコラ」は見たいと思いつつ未だ見られていない作品なの。
ほんにゃんさんのおすすめならば、ぜひDVD借りて見てみよう!
ジュリエット・ビノシュも好きだし♪

最新作はねえ…後半目をつぶっていれば(笑)
あとは本当に素晴らしい出来ですので、
覚悟が出来たらぜひ、映画館でご覧ください~♪
ティム・バートン監督が今までのジョニーの中でいちばんだ、と
インタビューで言ってましたが、
(わたしはやっぱり前述作品のジョニーさんが好きだけど)
確かに「迫真の演技」という意味ではナンバーワンかもです^^;

| f.l.clover | 2008/02/10 21:24 | URL | ≫ EDIT

■姫♪

姫~、春っぽい、って言ったとたんに、
昨日今シーズン初の大雪!!10センチ以上も積もったよ~^^;あはは。
油断大敵だね。
でも今日はお日さま照って、あったかくて、
雪もあっという間にとけちゃった。
そっちはまだまだ雪がいっぱいなんだろうなあ。
昔、雑誌の取材で3月終わりに霧ケ峰高原行ったら、
雪に埋もれててまったく取材できなかったことがあったよ(笑)

おー!!スウィーニー、姫ももう見た?!しかも2回も~~~?!!ひー。
でも、そのキモチ分かるわあ。
あの美しい映像、ジョニーさんたちの演技や歌、
そしてなにより恐いもの見たさで、
わたしももう一回見てみたいかも 笑。
あの船乗りの若い衆も、かっこよかったね♪
ジェイミー・キャンベル・バウワーくん19歳は、
この作品がデビューだとインタビューで言っておったよ。
次回からの活躍も楽しみだね♪

わー♪姫もギルバートグレイプ好き??おんなじ、おんなじだよ!!
わたしも、この作品が本当に好きで
DVD愛蔵しててよく見るんだ。
切なくて、でも、なんだか幸せな気持ちになれる、いい作品だよね。

姫のお仕事帰り映画鑑賞、続いてるんだね!
レイトショーで、帰りがけに映画、なんてカッコいいなあ。
なんか、すっごく大人な感じでさー。
「エリザベス…」私も見たいなーって思ってるんだ。
また姫も見たら感想アップしてね~♪

| f.l.clover | 2008/02/10 21:37 | URL | ≫ EDIT

あおむし君、cloverさんの家でチョウになるまでいればよかったのに・・・
お花の家主が、何だこのあおむしめ!
っと言って、道路に放り出したりして・・・
あ、いやこれは最悪のシナリオですから
幸運を祈りましょう。

| momotch | 2008/02/10 21:38 | URL | ≫ EDIT

■momotchさん♪

そうなんですよ、momotchさん、
わたしもね、それがちょっと気がかりで…

あおむしって特定の葉っぱを食べるでしょ?
うちでは何もなくてドライフラワー食べてたけれど、
ポピーについて来たとなると、
成虫になるまで食事をちゃんとさせてあげられないなあって思って
外に放すことにしちゃったんです。
それにしてもポピーの仲間を食べるあおむしってなんなんだろう…?
見た目はシロチョウ系だったけど、
シロチョウ系はアブラナ科につくんだもんね。。。うーん。

家主さんに見つからず、大きくなってくれるといいんだけれど。
一緒にあおむしくんの幸運祈ってください~^^*


| f.l.clover | 2008/02/10 22:04 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/303-48efdb85

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。