PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

じいちゃんさま

071104_10Ag_002.jpg

camera : Hasselblad film : Agfa RSX200
写真はわたしの愛する“ばあちゃんさま” 夢中で庭をスケッチ中


先日、名古屋パルコギャラリーで開催されている
梅佳代さんの写真展「じいちゃんさま」と
rainrootsさんで開催されている「ガリホト」をぐるりと見てきました。

(ガリホトもじいちゃんさまも明日9日までですよー!まだの方は急いでゴー☆)


うめかよさんがライフワークのようにおじいちゃんの写真を撮っていることや、
それが写真集になるという話は、
以前NHKのトップランナーという番組で聞いて密かに楽しみにしていました。
その写真展が行われているというmomotchさんからの情報。
うめかよさんの、しかもじいちゃんさまが生で見られる(しかも200円で!)ならば、行かないわけに行きません。

(↓今日も長いよ)



071104_10Ag_007.jpg


結論から言うと、見に行って本当によかったです。

言ってしまえばただの私的なスナップ写真。
ピントだって合ってないのもあるし、水平だってとれてなかったりする。
でも写真のいちばん原点の、
いちばん大切な部分を形にして見せてもらえたような気がしました。
(そしてやっぱり写真は撮る人の人間力だと再確認)

会場はシンプルに白の紙経師を貼っただけの壁。
その壁に黒板のような大きさから、キャビネサイズくらいまで
メリハリのあるサイズで写真が並んでいます。
ときどき真っ赤なマジックで
うめかよさんからのメッセージやコメント、落書きイラストが直接書込まれています。
写真以外に、うめかよさんが撮ったじいちゃんさまの映画があるのもすごくよかった。
写真で見たじいちゃんさまの動く姿、声、しぐさ、故郷の風景、はしゃぐ犬…
22分間の映像ですが、こちらもぜひゆっくり見ることをおすすめします。
(じいちゃんさまの等身大パネルと記念撮影もできるよ 笑)

バナナやらキュウリやらいろんなものを頭にのっけてみたり、
謎のポーズを取ってみたり、アリの列に夢中になったり。
じいちゃんさまの、水虫だらけの足の爪の先から
頭のてっぺんの少なくなった髪の毛一本一本まで
うめかよさんがじいちゃんさまを敬愛していることが伝わってきました。
撮られるじいちゃんさまも、カメラのレンズを通して
うめかよさんに向けて無条件の愛情を送っていることが伝わってきます。

見ている私も、うめかよさんの視点とじいちゃんさまの姿を通して
自分の家族をそこに見つけ
父やら母やら祖母やら兄弟やら…みんなが愛おしくて愛おしくて
涙が止まらなくなりました。

見回すと、みんな写真を覗き込みながらとても素敵な笑顔をしている…
(そして笑顔で目頭を押さえている)
となりで見ている人は、ぜんぜん知らない人だけれど、
なぜか心が通じ合っているような…
写真と見に来た人と、
うめかよさんとじいちゃんさまと自分と(そこにいない自分の家族まで)
会場全体が温かくやさしくひとつになる、そんな写真展でした。


ガリホトもね、よかったですよ!
108名分の写真がrainrootsさんに飾られたらどんなになるんだろう?
ってちょっぴり懸念してたのですが、
とても見やすかった。
200枚(一人あたり2L×2枚)以上あるように思えないくらい、
ひとつの大きな展示としてまとまり感がありました。
それでいて、小さな1枚1枚の写真たちはみんなそれぞれキラキラしていて…
写真てちゃんとその人のカラーが出るんだよねえ。。。不思議で素敵。
一人一人、どんな思いで、どんなシュチュエーションで撮ったんだろう?って
想像しながら見るのは、とても楽しい作業でした。
(そしてアキちんはやっぱり異彩を放ってた。あなたは希代の奇才だわ)




071104_10Ag_010.jpg

なかなか会えないけれど、また写真撮らせてね。
できることならずっとずっと元気で生きていてほしい。。。
なんてこどもじみた思い、ついつい願ってしまう。

関連記事

| Portrait | 13:09 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クローバーちん、お久しぶり。

なんてステキなキラキラ輝いた写真。
夢中でスケッチなんて。なんてかわいいおばあちゃま。
こんなお写真を撮れるクローバーちんもステキです。

梅佳代さんの写真展は、「男子」だけ見に行きました。
「じいちゃんさま」も見たいなぁ。。
そんな風に、娘にも、おじいちゃんおばあちゃんを想ってもらいたいな。

ガリホト見てきたのね。
うん、アキちんすごい。私も思ったわ。
私はガリホトの固定観念に囚われていました。
来年はもっと自由に撮ろうと思いました。

名古屋に行きたかったなー。。

| uraran | 2008/11/08 16:13 | URL | ≫ EDIT

僕は今日行きました。ガリホトといっきに回りました。
地下鉄乗ってブラブラするついでに行くのであれば、
土日エコキップ(600円)を買って見せると半額で入場できます。
僕も、たまたまエコキップで地下鉄のっていたのでそうなりました。情報遅くてすいません。。

じいちゃんさま、とてもよかったですね。
梅佳代さんの写真はとてもほのぼのとしていて好きなんです。

アキさん、よく存じ上げないですが、(4人展の人?)
確かに異彩を放っていました。バスタブと歯科?のですよね。
際立っていましたよ、奇才が。

| momotch | 2008/11/08 18:30 | URL | ≫ EDIT

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2008/11/08 19:00 | | ≫ EDIT

クローバーちん、こんばんは。
寒くなってきたけど元気?
ばあちゃんさまの写真を見て、
点展のときの絵手紙を思い出して胸が熱くなったよ。
クローバーちんがクローバーちんである所以が
おばあさまからも強く伝わってきます。

じいちゃんさま、滑り込みで見てきたよー!
ほんと、温かくなる展示だったね。
映像もすごく良かった。
1億2千万、、、えぇっ?! のくだりで爆笑した後
無性に切なくなったよ。
取り返しのつかないこと、というものを強く感じた写真展でした。

ガリホト、見に行ったんだね!
写真見てくれてありがとう。奇才って、、、もったいのうございます。。。
今、ひとつ残念に思うことは、
あの数の中で、目立つことを真っ先に考えて、
それが自分の撮りたいものだったかは二の次にしてしまったこと。
けどそれでも、あれは私なんだけどね。

また、クローバーちんとゆっくり話したいよー!


| オヤマアキ | 2008/11/09 21:56 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
柔らかな日差しとおばあちゃんの優しさが
調和している素敵な写真ですね♪

| Nadja. | 2008/11/11 18:56 | URL | ≫ EDIT

■uraranちん♪

わー、uraranちん、ありがとう!うれしい♪
会場にね、高校生の姿もちらほらあって
わたしも、こういう若い子たちが自分のおじいちゃんおばあちゃんを
大切に思ってくれるといいなーって思ったの。
それで会場に置いてあったノート見たらね、
10代の子たちがたくさん、あったかい感想書いてた。
きっと、uraranちんがおじいちゃんおばあちゃんを想う姿を見せたら
娘さんもきっと、同じように想ってくれるんじゃないかなあ…ね☆

ガリホト、uraranちんの写真を直に見られたこと、
すごくうれしかったし感激でした。
確かにねー、「girly」という言葉に囚われてしまうけど
ほんとは撮ってる人が女性なら自由に撮っていいんだよね。
アキちんのは、それを気づかせてくれる作品だったよね。

追伸
私もuraranちんの写真展見に行きたかったデス。(今頃だけど)
でもHPで見られるようになって、めっちゃうれしかったっす!


■momotchさん♪

momotchiさん、再会できず残念ではありましたが、
同じ展示を見て回ってこうやってお話しできるのってうれしいですね♪
情報、本当にありがとうでした~!!
なんと?!エコキップ割引なんてあったんだ?
(そういえば入り口で「○○をお持ちでしたら割引が…云々」と言われたような)
うめかよさんの写真の世界、いいですよねえ。。。
写真に興味がなくっても、肩肘張らずに入っていけるあの世界。
生の写真は、写真集よりもさらに生き生きしてた。
わたし、会場で涙やら鼻水やら出まくって大変でしたんですが
momotchさんは大丈夫でした?(笑)

それからガリホト。
そうです、アキちんとは、あの4*Cのオヤマアキちんです。
彼女は写真もだけど、文章力も画力もあってすごいのよ~~~
よかったらブログ遊びに行ってみてください♪
これまたすごくいいんだから!



■秘密のコメントさま♪

わーん、涙の出るようなお言葉ありがとうございます。。。。
コピーして永久保存して
プリントして額に入れて飾ります。(←やりすぎ?)
それくらいうれしいです。

あ、やっぱりあれ、部品足りないんだ?
フィルムはどうやって入れるのかなーと思ってました;
急ぎませんのでお時間ある時、気が向いた時に
送ってくださいませ。よろしくお願いいたします。

追伸
新ブログも、こっそり楽しませていただいております^^
風景もいいけど、人、いいですねえ。やはりすごい。


■アキちん

自分ではなく自分の周囲の行事ごとで振り回される日々だけど
めずらしく風邪をひかずがんばってるよ(笑)
点展のこと、思い出してくれてありがとう!
お気づきの通り、あの写真と同じときに撮ったものだよ。
…でもじつはね、虫の知らせだったのか、
この写真アップした直後に、
祖母の具合がちょっとよくないという連絡が来てね。。。
ちょっといま動揺中。
(命に別状あるわけじゃないし、もうそういう歳だし、
しかたないんだけどね)

おー、アキちんも見に行ったのね!じいちゃんさま!
分かる分かる~、わたしもあの下りで爆笑して、
そのまま涙止まらんようになったよ。
取り返しのつかないこと。まさにそうだね。。。うんうん。


ガリホトはね、
いやー、いいもの見せてもらったよ!アキちん。
やっぱりあれは狙ったものだったんだ。
全体を考えて、その中で自分をどう見せるか、
それをプロデュースできるアキちんの力。
自分のイメージをつくりあげる力。
それを本当に尊敬しているの。
確かに、絵で描けばつくれる世界かもしれないけれど、
それをあえて現実の世界でつくって見せる、っていう写真の手法は
すごくアリだと思うんだよね。
むしろそっちの方が表現として難しいようにも思う。

わー、アキちんとますますしゃべりとうなったよ。
あのガスマスクもはめてみたいし!←なにがしたいのか
いつ会おうか??(笑)



■Nadja.さん♪

Nadja.さん、おひさしぶりです!
わー、コメントいただき感激です。
ありがとうございます!!

私が写真を撮ろう、と思ったきっかけは
まず祖母の姿を残したかったからなんです。
いまは遠くに住んでいるので、滅多に会えないんですが…
この写真を撮ったとき、
「私が死んだら写真集にするの?」なんて聞くので
「死ぬ前に写真集にして見せるから!」って答えました。
だから、後悔ないようにちゃんと写真撮りに会いに行って
写真集つくらなくっちゃ!


| f.l.clover | 2008/11/16 19:56 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/323-bded301d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。