PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

のらねこ #1

110325_5.jpg

camera : LOMO LC-A

おちょぼさんで出会った子猫。去年の夏の初めのこと。
神前でおあげをお供えしようとしたら、そこにこの子がいた。



110325_6.jpg

小さくてやせほそった体。
よほどおなかが空いているらしく、お供えのおあげを夢中でむさぼり食いはじめた。


110325_9.jpg

お参りの人におびえつつも、食欲が勝っているらしく夢中。

歯がちゃんと生えそろっていないのか、それともおあげがかたすぎるのか、
聞こえてくる威勢のいいはぐはぐむしゃむしゃという音や息づかいとはウラハラに
おあげはちっとも減っていかない。


110325_7.jpg
あそこにいます。(どこ?)

入れ替わり立ち替わり、お参りする人たちをよそに
長い時間をかけて1/2ほどを食べ終えると、
満足そうに毛づくろい。

110325_8.jpg

カメラを構え続ける私が
何かをくれると思ったのか、それとも仲間と思ったのか、
このあと、二、三度私の足にすり寄ると、
のんびり、どこかへ去っていきました。



* * * * *

…地震発生から2週間が経ちました。
この震災で尊い命を落とされた方々の御霊に心からのご冥福をお祈りを申し上げます…
どうかひとりでも多くの人が、大切な人と再会できますように…どうかどうか……
地震の被害に加えて、原発の問題。。。
毎日注がれる大量の情報や映像、エピソードのひとつひとつに心は大きく反応し揺さぶられ、頭はぐるぐるとめどなく思いをめぐらすけれど、それらを書こうとするとまだその言葉は中途半端な切れ端にしかなりません。
災害に遭われたみなさんやそのご家族のみなさんへのお見舞いの言葉も、救援や復興のため寝食を忘れ奔走する人たちへの感謝の言葉も、その思いだけがいっぱいにあふれて、うまく表現できずにいます…

なので今日はねこの話を。

* * * * *

おちょぼさんのあたりにはのらねこがたくさん住んでいます。
以前紹介した通り、のらいぬも住んでいます。
(こののらいぬについての続編はまた次の機会に)

おちょぼさんの参道に住む人たちと、ねこや犬たちは、互いを干渉しすぎることなく、どこか互いの生き方を尊重し合って暮らしているような感じがして、共生、という言葉をいつも思い浮かべます。

ふだんはどちらかというと犬派なのですが、ここのねこたちにはとても惹かれてしまって、最近では訪れるたび、写真を撮るようになりました。

これは去年見た、岩合光昭さんの写真展と写真集の影響かもしれません。

岩合さんの写真集「ねこ」。個性豊かで、のびのび力強い姿に癒されます。

 ←ちょっぴり中の写真が見られるようになってます。


よだんですが、私が生まれて初めてプロカメラマンと言う職業の人に出会ったのは大学生の時で、それが岩合光昭さんでした。
大学時代ずっと大型犬のブリーダーさんの元でバイトしていたのですが、そのケンネルの犬が山渓の犬カレンダーのモデルをつとめることになり、世話を担当していた私も撮影現場に連れて行ってもらったのです。
オーナーに「あの人、有名なカメラマンさんらしいよ」と聞いていたのですが、当時の私には名前を聞いてもさっぱり分からず。できあがったカレンダーの写真だけ、ずっと大事に(今も)取ってありまして。
ずっとずっと後に、その写真の裏に書かれたコピーライトをよくよく見たら、「Mitsuaki Iwago」となっていました。
今となっては、あのとき、撮影の様子をもっとよく見ておくんだった、お話の一つもするんだった、と思ったりもしますが、まあそれも今だから言えること。


写真展「ねこ」では岩合さんのお話を伺う機会もあって、
こんな素敵なサインもいただきました。

110325_10.jpg
いっしょにねこの絵を描いてくれます。

写真展「ねこ」はまだ全国巡回中の模様。3/27までは岡山で、その次は東京・町田でも見られるそうです。
もしお近くで開催されるようでしたら、ぜひ足を運んでみてください。いい写真展です。
そして今年は、写真展「いぬ」も開催予定とのこと。次はどんな「いぬ」たちと出会えるのか、楽しみです。

岩合光昭さんのHPと写真展情報はこちら・・・ デジタル岩合→→→岩合ニュース

こんな時ですが、こんな時だからこそ。無事でいる者は、明るく元気に力いっぱい日本をバックアップしていくためにも、いろんなものから心の栄養を補充して、満タンにしておかないと。とも思うのです。

関連記事

| animals | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/395-afc1e3d1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。