PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

Nikon x Hasselblad 第二弾

110515milk.jpg

camera: Nikon D5000 + Carl Zeiss Planar C 80mm F2.8 T*


うちの犬をモデルにNikonボディ- Hasselblad用Zeissレンズのテスト撮影。
夜の室内、ISO2500にして蛍光灯の下で撮っています。


Nikon-Zeissのフルマニュアルでは動くものは操作がどうにも追いつかなくてムリ!ですが
こうしてじーっとしててくれると何とか撮ることできます。

遊びたいうちの犬を放ってカメラいじってたので
「ふん。何してんのよ。遊んでくれないでさっ」という顔をしています。





* * * たまにはカメラの話  * * *
~Nikon D5000 にHasselbladのレンズをつけてみよう 編~


前回の記事に書きましたが、
NikonのボディにHasselblad用のレンズをつけるためのマウントアダプターを入手しました。
それがコレです。
じゃーん!



Kenko製のHasselblad-Nikon マウントアダプター。
ほんとは宮本製作所さん(rayqual)のが欲しくて買うとことだったのですが、
いい中古(しかもお手頃価格)が見つかったのでこちらに。
ほかにも韓国のHORUSBENNUや中国のkiponなどからも販売されています。



せっかくHasselbladを持っているものの、
その大きさと(私のHasselくんはバッテリ内蔵タイプの自動巻き上げ式なので
一般的なやつよりちょっと大きいのです)、
中判フィルムが気軽に購入&現像できなくなってしまった世の流れから
なかなか活躍させることができずにいました。
おまけに失敗の方が多い初心者の私には、中判フィルムでばしばし写真を撮るには
あまりにリスク(とコスト)が高くて…

でも、Hasselbladに装着するCarlZeissのレンズは、本当にどれも素晴らしい描写力で
何とか使って行きたい。

そこで、このたびとうとうデジイチデビューすることに。
デジイチ購入にいたった大きな理由は、
デジタルカメラでHasselbladのレンズを生かしたい
(そしてフィルム代を気にせずばしゃばしゃ撮りたい!)
という、不純な動機(?)からでした。


でもでも。
NikonにHassel用のレンズをつけると、
これがまた何だかハード&クラシックな感じでかっこいいのです。(自画自賛)
見た目にもかなり自己満足。

ということで、NikonxZeissのファッションショー開催!笑


☆まずはHasselbladでは標準レンズ
Carl Zeiss Planar C 80mm F2.8 T* 装着。

Ni-HBmount.jpg



全体像はこんな感じです。

KC3V0542.jpg




☆続いてマクロレンズの
Carl Zeiss Makro-Planar CF 120mm F4 T* 装着。

Makro-planar.jpg

もはやバズーカ砲のよう;ちゅどーん!



☆続いて広角レンズの
Carl Zeiss Distagon C 50mm F4 T* 装着。

Distagon.jpg

大砲ではありません;




撮るときは、レンズの方で絞りとピント合わせをして、
ボディの方でシャッタースピードを決めて、撮影します。

これらのレンズは、すんごい重いので(特にDistagon)、
Nikonにつけると、レンズの重さにカメラが前のめりになって、
支える手が震えます;(筋トレせねば)


画角は、Nikon D5000のセンササイズだと、Hasselのときの1.5~1.6倍というところだそうで、
Planar C 80mm(Hasselでは標準レンズ)は、120mmちょいの望遠レンズ仕様になります。

Planarの最短撮影距離は0.9m。
最初の犬の写真と下のカメラの写真は、一番寄って撮った状態です。
「寄った」と言っても90cm離れたところから撮ってますので、
人間の目だと、もっともっと広い絵で見えてます。
レンズ覗くとアップになってびっくりします。



110520_7.jpg

aquaちんのカメラ♪


このピント合わせが、おそろしくシビアというか、難しい…
出来上がった写真は、Hasselにつけて撮った時よりも1.5~6倍拡大されて見える感じなので、
ピントの位置もよりシビアになるというか…
ピントの合ってる場所と合ってない場所が明確になるというか…
ファインダーや液晶ではなかなかピントの合う位置がきちんと分からないので
画像を見て「あちゃー、少しずれてた;」なんてことばっかりです。



下の写真は、Makro-Planarをつけて撮ったもの。
Hasselで120mmなので、Nikonにつけると画角が180mmくらい。さらに狭いです。
こちらのレンズは最短撮影距離0.8mで、これも一番寄っての撮影です。

110521kaeru.jpg

うちのカエル(模型だよ)♪


部分切り出ししてもピントの合ってるとこはほんとに鮮明。
(撮るとき気づかなかった、カエルについたホコリまで写ってる)


110521kaeru_up.jpg

そしてほんとはカエルの目の辺りにピント合わせたかった;
足の方に合っちゃってます;;





できればNIKKORレンズとの描写比較もしてみたかったのですが
まだ実験できていないので、それはまた追々実行してみます☆




CarlZeissレンズは、特に金属製品とかマテリアルな物を撮ると
しっとり美しく撮れるので、これで車や自転車を撮りたい!というのが次の目論み。



次回は、こんな感じの「NikonxZeissで車を撮ろう!編」をお送りする予定です。w


110522CCF_chevy.jpg

camera: Nikon D5000 + Carl Zeiss Planar C 80mm F2.8 T*
Chevrolet Impala (1959 US)
クロムメッキがきらーん☆



…ていうかわたし、初めてデジイチ(NikonD5000)を入手したってことすら
記事にまだ書いてなかったような…;あは。





*degi


関連記事

| about camera, film,etc | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/417-cd80df86

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。