PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

祖母との時間

110901grandma4.jpg



祖母が仙台に帰る日の朝。

滞在中、祖母がいつでも見られるようにと、部屋に
小島一郎さんの写真集を置いておいたのだが
空港へ出発するまでの間、祖母はその写真集を
いとおしそうにゆっくりゆっくり見返していた。


この写真集に写されている景色は、祖父の故郷、
祖母が嫁いで暮らした町のあたり。
時期も少し重なっている。
祖母にはやはり写真に写っている光景がどこなのか具体的に分かるようで
滞在中にも時折写真を見ながら、
「この橋は○○橋」「この道をまっすぐ行くと○○の町」と懐かしそうに教えてくれた。
そしてその風景にまつわる自分の思い出も。



110901grandma.jpg


110901grandma2.jpg



強い風で縦ではなく横に降る雪、どこまでも灰色の曇った空、角巻きにくるまり歩く吹雪の道…
祖父や祖母から聞いて頭で想像するしかなかった青森の冬の光景が
そこには写し出されている。

そこに本人たちが写っているわけではないけれど
写真に写る男性や女性や子供の後ろ姿は
私には祖父や祖母や母の当時の姿を写した家族のアルバムを見るような。



110901grandma3.jpg




帰る前日、祖母の舌は滑らかで
一日中私を相手によくしゃべった。
いつもは夜は9時過ぎには床に着くのに
0時近くまでずっと話をした。
幼い頃の長崎でのエピソード、自分の父や母や兄や弟のこと。
小学校の友達、女学校の思い出
上海での祖父との出会いとなれそめ
つらかった青森での暮らし
今まで語ったことのなかった親や兄弟の最期について
それから祖父との間にあったいろいろなできごと
かなりつっこんだ男女の大人の事情の話まで…
誰にも話したことのないことも教えてくれた。

私にとって、おじいちゃんはおじいちゃんであり、おばあちゃんはおばあちゃんだったが
そこに登場する祖父と祖母は
ひとりの男であり、女であり、人間だった。

「○○○ちゃんが大人になったからできるわねぇ」

祖母は笑いながら言い

「もうこれで思い残すことはないわ」

と話をしめくくった。







110831grandma2.jpg




祖母から語られる思い出の中の風景は、
透き通った色の影絵のような、古き佳き時代の映画のシーンのような。
どれひとつとっても、どれもがとてもいとしく美しい(そして波瀾万丈な)エピソードだった。

いつか自分の手でそれを文字にしてまとめたい、
と思った。


camera: Nikon D5000 + Carl Zeiss Planar C 80mm F2.8 T*    *degi
*祖母ネタが続いててすみません;笑

関連記事

| Portrait | 08:38 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ちょっとごめん、泣いちゃったよぉ・・・。

ふたりの時間が目に見える様です。
穏やかで、ちょっと切なくて、あったい夜。

素敵な人だね、お祖母さん。
そしてクローバちんも!

| あくあ | 2011/09/08 09:22 | URL | ≫ EDIT

わたしも…。
泣いちったよぅ。

大人になったクローバちんに、 伝えたかった。
知っていて欲しかった。
こうやって 繋がってきたんだと
証みたいな。

うまく言葉にできないけど

それを しっかりそのまま受け止められるクローバちんだと思ったからこそだし、
実際 クローバちんは、受け取ったんだね。。

わたしも聞いてみたいと思った。
おばあちゃんの話を。

会いにいかなくちゃ。

横顔のおばあちゃん。
なんてなんていい顔なんだろう。

| 夕凪 | 2011/09/08 10:57 | URL | ≫ EDIT

■あくあちん

泣かせちゃってごめーん…!
でも私の気持ちとおんなじように感じてくれてすごくすごくうれしいよぉ。
ひとりで胸がいっぱいいっぱいになってて
でもそれを外に上手く出せず息が苦しかったけど
あくあちんがすぐこういうコメントくれて
私の涙も気持ちよく放出されたよ。。。ありがとう。
あくあちんは人の感情を感知する器官が高いから、
こうやって私の心にも共鳴してくれるんだなあ。
そのセンシチブなところが大好きだ。


■夕凪ちん

うぉーん…。
ありがとうぅ~~~。

うんうん、そうなんだと思う。
夕凪ちんはいつも私がうまく言葉にできない気持ちの部分を
とても上手にまとめてくれて
私の気持ちを落ち着かせてくれる。
夕凪ちんもあくあちんもほんとに人の気持ちをいつもちゃんと感じ取ってくれるね。
私いつもそれに救われてるんだよ、ありがとう。

夕凪ちんもさ、
おばあちゃんにがんばって会いに行ってね。
なかなかつっこんだ話するのってむずかしいけど
いつかそういうチャンスがあるといいね。
自分のごく身近な大切な人たちがどんな人生を歩んできたのか
知らないまま終わってしまうことの方が多いと思うけど
ちゃんと話を聞けたこと、すごくよかったって思えるよ。


| f.l.clover | 2011/09/09 07:05 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/447-6915baee

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。