PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

瀬戸窯めぐり snap#3

赤津編#1@松山窯

111112seto_akadsu_shozan2.jpg

窯めぐりイベントの日は娘さんもお手伝い。


111112seto_akadsu_shozan5.jpg

ガス窯の煙突。
今は普段使いの食器のほとんどはガス窯で焼かれてる。




111112seto_akadsu_shozan4.jpg

窯めぐりのお楽しみはやっぱりお買い物。
とてもお手頃な値段で買うことができる。みんな真剣な顔で品定め。








111112seto_akadsu_shozan1.jpg



赤津地区は瀬戸の中でももっとも歴史が古くて多くの窯元があるところ。
瀬戸のやきもののなかでも「赤津焼」と特別な名前で呼ばれたりする。
赤津焼の特長は多彩な釉薬だ。
織部釉、志野釉、黄瀬戸釉、古瀬戸釉、灰釉、御深井釉、鉄釉…赤津七釉と言われている。
そして窯やさんごとに得意の釉薬がある。
ここ松山窯さんは織部釉を得意としているらしい。
2階にあるこのギャラリーでは窯元直販ということで一般に販売されている価格の半額で購入できる。
さらにこの窯めぐりの日は、特別に70%OFFで販売されてた。かなりお買い得!



111112seto_akadsu_shozan6.jpg


…しつこく赤津編#2へつづく。たぶん(笑)

camera: Nikon D5000 + VEB Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F2.8    *degi



関連記事

| | 00:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/473-d5d50dbc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。