PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

冬至とおくるみ

111222pumpkin.jpg



今日は冬至。だって。
かぼちゃ食べた?
わたしは忘れた。笑


camera: Nikon D5000 + Carl Zeiss Makro-Planar CF 120mm F4 T*



高島屋名古屋の北欧展に行った。
弟のところに赤ちゃんが産まれるのでそのお祝いを探しに。
最初Bellioのファーストシューズ目当てだったんだけど
好みの柄のはもう無かった。
でもほかにも可愛いものいっぱい♪ でいろいろ目移りして迷ったあげく
Kodomarkさんのとこに売っていた
MINI A TURETuula (おくるみ)にした。

いいのが買えたな~♪とそこまではよかったんだけど…
世の中はクリスマス一色。いや~な予感は的中した。
出産祝いだからきちんと包装してほしくてお願いしたんだけど
季節イベントの催事場だからってのもあるんだろうか、
それとも担当のおばちゃまが気が回らない人だったということなのか
「申し訳ありませんがクリスマス用のこれらの包装しかございません」
とそれ以上のプランは提案されず。

クリスマスイブとクリスマスが誕生日の父や祖母のプレゼント買う時も
毎年このクリスマス包装受難に遭う。
誕生日プレゼントだと言うているのに
たいていクリスマス仕様になってしまうのだ。

しかも天下の高島屋さんも省エネ・節約モードなのか
すごく簡易な折りたたみの箱しかなく。。。
そのままそこにばさっと品物は入れられた上
その箱は封をされるわけでもなく、簡単に口が開く仕様。
箱が包装紙にくるまれる訳でもなく(もちろん熨斗なんてつけられるわけもなく)
箱より少し小さめの高島屋の薔薇の紙袋に入れられて手渡された。
うーん…と思いながら帰路に着くと、突然の雨。
傘も持っていなかったし、紙袋から飛び出した箱は雨にすっかり濡れてしまった。。。
ちょっと前の高島屋さんは、少しでも雨降りそうな気配だと、
そのとき降っていなくてもビニールの袋に包んでくれたのに。
その細やかなデパートらしい気遣いはもう過去の遺産なのか。。。
たしかに過剰な包装はいらないと私も思うし賛成だけど
人生の節目の大事なお祝いの品だから、これだけはちゃんとしたかったのになあ。

まあいいか。
自分で箱買って自分の好きなラッピングをして贈ることにしよう。
その方がいいよね、きっと。


…それにしても予定日から一週間以上経っているのだけど
甥っ子はまだこの世界に出てくる気配無し。
義妹が冗談めかして「ふんばって予定のばして連続誕生日になるようにします!」なんて言ってたけど
こりゃ、ほんとにまとめてハッピーバースデーになりそうな予感。
とにもかくにも元気で無事に産まれてきておくれ。
我が一族の唯一のあととりよ。


関連記事

| still life | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/482-03b7bd24

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。