PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

3年、という年月 / 3.11

DSC_0541s.jpg


年を重ねると、月日の流れる早さは年々加速度を増して行く。
自分の生活だけ省みると
3年という月日は、正直あっという間に過ぎて行った気がする。。。
こどもの頃の3年はとても長かったよな…
中学の3年間、高校の3年間…今ふりかえって見ても、
その日々はとても濃く・充実していて
あんなことやこんなことや…じつにいろいろな出来事と思い出がつまっている。
楽しみだった修学旅行や文化祭、体育祭等学校行事、ユウウツになった早朝補習や定期テスト、
休み時間の教室でのクラスメートとのたわいもない会話、
面白くてあっという間だったり、眠気とたたかったりしながら受ける授業
情熱を注いだ部活動、先生に見つからないようファストフード店やカラオケで友だちと遊びほうけた放課後、
恋や友情に悩んで眠れなかった夜、反抗期の親との確執etcetc...
そしてそれぞれの3年という月日は、今の「私」を形成する、大きな核となっている。


先日、あの震災の時、ちょうど小学校を卒業した子どもたちが
今度は中学校の卒業式を迎えた、というニュースを見た。
はっとさせられた。
あの子たちは中学の3年を、あるいは高校の3年を、
まるごと震災と復興の中で過ごしたのだ。
場合によっては仮の校舎、仮の住まい、仮の生活の中で…。

彼らの過ごした3年という月日を思うと、それはあまりに大きく重い年月に思える。


DSC_0539s.jpg


* * *

今回アップした写真は、2012年7月に撮影した宮城県名取市の閖上地区のものです。
復興に向けて進んでいる今、過去の風景をアップすることについて
よいのだろうかと悩みましたが
今日という日に改めて忘れないように思い返そう、という気持ちでアップしました。

上の2枚の写真は閖上中学校の校舎です。
この校舎も津波で大変な被害を受け、14名もの生徒さんの命が失われたと聞きました。
学校はその後、ここから内陸へ7kmほど入った場所へ仮移転したそうです。
震災直後、内陸部の小学校を借りて行われた入学式で入学した子どもたちは
今年、新しい場所にある仮設校舎で卒業式を迎えたそう。。。
この写真の校舎は今も同じ場所に残り、
このまま震災遺構として残すべきかどうか検討されているのだそうです。


ここへ訪れてからさらに一年半以上が経過して
その後、港では朝市が再開された等、明るいニュースも聞きました。
その一方で、3年の節目を前にニュースに流れる閖上のようすは
この風景と大きく変わったようには見えませんでした。

遅々として進まない復興のようすや
近頃の国のもろもろの動きに憤りを感じずにはいられない日々。


でも最近、津波の被害を受けた地域の復興が進まない理由のひとつに、
簡単には進められない事情があることを知りました。

たとえばこの写真の閖上地区。
未だに40名の方が行方不明で
残されたご家族とボランティアの方々により、
泥に埋まった場所や側溝を掘り返し、捜索が続けられているそうです。
閖上では土地を埋め、かさ上げする計画が進められているそうですが
ご家族のことを思えば、早急な工事を進めることはできないのでしょう…
名取市には、来るべき、かさ上げ工事前に
大規模な捜索を行うことを求めるご家族からの署名が提出されたそうです。

そうか…
いち早く復興を、とばかり願っていたけれど
そればかりでなく、地元の人々の心に寄り添って
歩みを合わせて進めるべきことがあるんだ。
慌てずゆっくり…それも大事にしなくてはいけないよね。
もちろん、スピードが要求され優先されるべきこともたくさんあるけれど。



DSC_0572s.jpg


* * *


今日という節目の日。
東日本大震災で犠牲になられた方たちのご冥福を改めまして心からお祈りいたします。
そして、復興に向けてこの三年の月日を邁進してこられた
たくさんの方々に心からの敬意をこめて。。。
この場所にまた新しい家々が建ち、新しい町ができ、
人々の暮らしの息吹が吹き返される日まで
わずかな力ですが、私のできることを細く長く、続けていくことを誓います。



DSC_0562s.jpg


* * *

今年はまた東北へ足を運びたいなあ。
東北へ遊びに行ったり、東北産の物を買うことも大きな支援になりますよ☆
名古屋にもこんなぴちぴちの東北産のお魚や特産品が買えるお店があるんですって!
テレビで初めて知りました。
今は大須に店舗がありますが、近々2号店がエアポートウォークにできるんですって。
どちらも行って来なくっちゃー!ほんと美味しいんだよ〜、三陸の魚介類.+*

いわて・陸前高田復興支援産直プラザみちのく屋
名古屋市中区大須4-11-15先
地下鉄上前津駅地下1階
営業時間 10時~19時
第一・第三水曜日休み



*私も参加しています*
2c6204b8e16d688fbd17860c3f48c0d1.jpg
c42a6e9b61e7cba5648668d4488a872a-300x70.jpg


関連記事

| その他 | 14:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

f.l.cloverサン、こんにちは。

3年が経ちましたね。
正直、3年も経ってしまった事が信じられないくらい
あっという間に時間が過ぎた気がします。

ワタシの周りでも日常の中で震災の話題はほぼ皆無となりましたが、
今日はさすがに自ずと震災の話題になって。
そんな中、最近職場に入った同僚が、

“震災とか自分の身に起きてみないとピンとこない”
“募金なんて(犬が好きだから)盲導犬の募金しかことがない”

とか平気で話してて。
こんな風に世の中には風化以前のレベルの人もいるんですよね・・・。

だからこそ3年もの月日を同じ思いを抱えて過ごしているf.l.cloverさんの存在は
ワタシにとってかけがえのないくらい大きな支えになってもらってるんです。

いつも温かい気持ちをありがとう♪
これからもよろしくね^^

| tomochi | 2014/03/12 01:28 | URL | ≫ EDIT

■tomochiさん

こちらこそ!いつも温かい気持ちと勇気をありがとう♪
tomochiさんと気持ちを共有できていること、
私にとってもかけがえのない大きな支えなの^^

…そっかあ、tomochiさんの方でもそうなんだね。。。
でもそれが自然なことでもあるのかもしれないね…

3年。本当に、あっという間だった気もする。
思い描いたような復興の速度ではなく、まだまだだ、という意味で。
これからも時間をかけなくちゃいけないこともたくさんあるから、
一緒に見守っていきましょうね^^*

…あ、そうそう、SMAPSMAPっていう番組あるでしょう?
あの番組でも、今でも必ず、震災の募金を呼びかけてて
たまに見かけるとすごく胸があったかくなって勇気出るね。
SMAPもまだまだ応援してくれてる!って。

(コメントの返信がすごく遅くてごめんなさい。
ちゃんと向き合って落ち着いて書こう、と思っていたら
バタバタが続いて遅れてしまって…
疲れたときにtomochiさんからのコメントやブログ見て
すごく励まされました。本当にありがとう!)

| fl.clover | 2014/04/11 22:47 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/581-35c4d7be

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。