PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

love

111128meieki03.jpg



12月8日。
今日は何の日かっていうといろいろあるんだけど
差し障り無い個人的に思い入れのあるところでいうと
ジョン・レノンの命日だ。
よほど親しい人じゃないと誕生日も覚えていられないくらいの私なんだけれど
なぜだか毎年この日は
朝「ああジョンの命日だなあ」と眼を覚ます。
特に意識したことはないのに自然と思い出すからとても不思議。
たぶん、幼いころ耳にしたジョンの暗殺というニュースの衝撃がよほど
意識の底の奥の方に突き刺さっているのかもしれない。
幼稚園のころからエレクトーンを習っていて
そのせいで幼いときからビートルズやジョンの曲はとてもよく聞いたし弾いていた。
(そして彼らの楽曲がとても好きだった)
ビートルズやジョン・レノンがどんな人か詳しくは知らなかったけど
1980年、ジョンが暗殺されたというニュースやテレビの人たちの会話などは
未だに鮮明に思い出すことができる。



子供のころベッドに入ると
寝付きの悪い私のためにいつも母はレコードをかけてくれた。
私がいちばん好きでかけてくれとよくせがんだのが、
ジョンの「LOVE」という曲だった。(「ジョンの魂」というアルバムに入っているよ)
もちろん英語なんてまるで分からなかったけれど、
繰り返される「LOVE」というフレーズとシンプルなピアノの音がとてもとても好きで
この曲を聴いていると胸が締め付けられるようにぎゅぅっと熱くなって
なぜだかわけもなく自然に涙が流れてきたものだった。
幼い私の心のふるわせた(今もなお琴線にふれる)曲。
(ませた子供だよね;でもそれくらいすごい曲なんだと思う。)

この曲を聴きながらふとんのなかでひとしきり泣いて、泣き疲れて眠りにつく。
その眠りはいつも安らかであったかかったのを覚えている。

しばらくの沈黙と静かに静かに始まるイントロ。
静まり返った真っ暗な部屋 ふとんにくるまって
耳だけに神経を集中して聴き入ってたっけ。。。


111128meieki04.jpg


camera: Nikon D5000 + VEB Carl Zeiss Jena Flektogon 35mm F2.8    *degi


関連記事

| | 16:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/611-4b5c4a39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。