PREV| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | コメント(-) | トラックバック(-) | TOP↑

≫ EDIT

初心ニカエル ( Seto-graph No.04)



place:愛知・瀬戸
camera:Lomo lc-a
film:Fuji SP400
絞り:A 距離:∞,
May 22,2005 cloudy

LOMOが私の所へやってきて、5ヶ月が経ちました。
これは私がLOMOで撮った2枚目の写真。
(1枚目はこのブログの最初のエントリでアップしたもの)
目に入ってきた景色を何の衒いもなく
ただ純粋に、ただ夢中にシャッターを切った
何の変哲もない写真。
でも
届いた包みを開けたときの、
初めてフィルムを装填したときの、
どんな写真が撮れるんだろう?とドキドキわくわくしながら
シャッターを押したときの、
あの気持ち。
それを忘れないように
改めて心に刻んでおこうと思います。
関連記事

| | 23:52 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんな素敵な写真を温存してたんですかー!
しかも2枚目の作品!おそるべしー(゚Д゚;)
初めてのときのドキドキ感は、本当にいつまでも忘れたくないですよね。

それと。
わたしも長々と書くことが多くて、
短い言葉で、端的にあらわせたらいいなと日々思います。
なので、f.l.cloverさんの気持ち、すんごくわかるんです。
憧れちゃうんですよねー、いろんな方のブログで綴られてる言葉見ると。
なんで、あんなに素敵な言葉見つけられるんだー?って。
少しでもそういう人たちに近づきたいなって思う今日この頃です。
(↑こりずに長文)

| コロン | 2005/10/24 22:21 | URL | ≫ EDIT

こんばんは!
天窓からの光と螺旋階段。
光が下に行くにつれて弱まっていくところが雰囲気ありますね。
建物の形も、丸みを帯びていながらもどこか硬質な感じがして。
この風景を見たときの一瞬の感動が伝わってくるような写真です。

LOMOの包みを開けたときのことは、私もよく覚えています。
これがまた、ワクワク感を増すラッピングなんですよね。
電池とフィルムを入れて、シャッターを押す、そ以降私の好きな瞬間になりました。
本当に、いつまでもこういう気持ちを大切にしたいです。
f.l.cloverさんのエントリを読んで、改めて思いました。

それから、私の方もこちらをリンクさせていただきましたがよろしかったでしょうか。。。
今後とも、是非よろしくお願いします!

| オヤマアキ | 2005/10/24 23:00 | URL | ≫ EDIT

こんばんは。
どんな写真が撮れるかドキドキしたあの感触をもう一度
味わいたいです。常にその気持ちを持ちたいですね。

私は最初に使ったカメラは、ある日昔の恋人にあげて
しまいました。その人もそのカメラのせいで人生が狂って
しまった一人かな(笑)、何でも趣味にで止めておくのが
粋ってもんかもしれません(笑)私にもカメラがなかったら
どんな人生を歩んでいたのか少し気になります。

| キンカジュー | 2005/10/25 00:10 | URL | ≫ EDIT

こんにちは。
写真を撮ったり、モノを作ったりしていると、いつの間にか自分の立っている場所が分からなくなることがあると思います。
どのくらい前に進んだのか、どっちを向いて歩いているのか...
そんな時に、その場でじたばたせずに「最初」を思い出してみることって大事ですよね。

なあんて書きながら私自身はふらふらしてますが。

でも、この2枚目はかっこよすぎ!
ほんとにその場の視線で切り取った感じがします。
いい写真だなあ。



| izhiro | 2005/10/25 00:11 | URL | ≫ EDIT

うーん、これが2枚目の作品ですか。
Lomoとの相性が最初からピッタリだったんでしょうね。
建物天井とか私もたまに撮ったりしますが、
こんなに良いって思える物が撮れた事ないです。

イタリアに行った時もドゥオモ(大聖堂)の天井を撮ったりしましたが、
被写体は鳥肌が立つほど素晴らしい建物だったのに、写真は全然駄目でした。。
f.l.cloverさんに、撮ってみてもらいたいです!
是非、イタリアに行ってきて下さい(笑)

| あんる | 2005/10/25 13:22 | URL | ≫ EDIT

初心
みなさんこんにちは。
なんだか私が書こうとするとFC2は調子が悪いみたいで、
お返事遅くなってしまいました。ごめんなさい!

やっぱり共通する趣味をもっているだけに
カメラとのファーストコンタクトのときの
気持ちはみなさん同じなのですね♪
なんだかとってもうれしくなってしまったf.l.cloverです。

■コロンさんへ
コロンさん、いつもいつもありがとう~♪
シャッターを押す瞬間、いつまでもドキドキしながら
写真撮って行きたいですね!

ところでこんな身近に長文仲間がいてくれて心強いです(笑)
でも私もコロンさんの文章やコメント、
読むのをいつも楽しみにしているんですよ~。
短い文章を目標に精進しつつ、
私たちらしい長文文章も書いていきましょう!
(↑勝手に長文同盟結成の勢い)

■オヤマアキさんへ
リンクお許しいただきありがとうございます~!
それから、こちらもリンクしていただいてうれしいです。
また楽しみが増えました!
オヤマアキさんがそんなふうに感じてくださると
書いてよかったーって思えます。
大好きな瞬間があるってとても幸せなことですよね♪
私もこのカメラと出会えてよかったと本当に思います。
そのおかげで今こうしてみなさんと
気持ちを共有することもできるのですから・・・!

Lomoの包みが届いたとき、
あのちょっとレトロな薄い紙をあけていきながら、
なんとなく、赤毛のアンがマシューにふくらんだ袖のドレスをプレゼントされたシーンを思い出してしまいました。
なんか妙に味があるんですよね、あのLomoの包装って(笑)

■キンカジューさんへ
最初のカメラを恋人にプレゼント・・・
なんて素敵なエピソードでしょう!!
とてもキンカジューさんらしくて、ピュアなエピソードですね。
(すっかりストーリーを妄想中・・・)

キンカジューさんとカメラは切っても切り離せない気がします。
カメラのないキンカジューさんはありえない!っていうくらい、
天性のカメラマンさんじゃないかって私は思うのです。
本当に純粋なまでに写真が好きなんだっていうことが
伝わってくるもの。

好きなことを職業にできるのは、素晴らしいことですよね。
だって、なかなか実現の難しいことだし、本当に好きなこと自体、なかなか見つからない人も多いと思うのです。
もちろん、好きなことで食べていく、というのは
その正反対の嫌な部分もあるだろうし、
とても大変なことだとも思うのですが・・・
キンカジューさんの写真やカメラマンという職業への意識は、
しっかり地に根ざしていて、
並々ならぬ意識で取り組んでいるように拝見しています。
・・・だから、すごく尊敬しているし、信頼しているんです。
(なんだか分かった風な偉そうなこと書いてごめんなさい!)


■izhiroさんへ
そっかあ・・・
節目で初心に帰るだけでなく、迷ったときや分からなくなったときも、最初に戻ればいいんだ!(書いてる本人が気づいていない)
izhiroさん、素敵なアドバイスをありがとう♪
これから、自分のいるところが分からなくなってしまったときは、
izhiroさんの言葉を思い出して、最初に戻ってみることにします!

この写真、おっしゃるとおり、見上げて「あ!」って思って
そのままシャッター押した・・・っていう写真です。
でも正直今もその撮り方変わっていなくて。
もうちょっと落ち着いて、
被写体と向き合う撮り方も覚えなきゃなーって思ったりもします(笑)

■あんるさんへ
あんるさん、ありがとう~♪
でもね、これ、たぶんここへ来た人はみんな撮るとこんな写真になるように思います(笑)
きっと建物のデザインがちょうど写真に撮りやすいデザインなんでしょうね。
(いい風景は誰がとってもいい!みたいな)
でも誉めていただくとすごくうれしいです。

ドゥオモかあ!
一度でいいから訪れてみたいです。早速撮影に行ってこようかな(笑)
あんるさんはどんな写真を撮ったんだろう?
こそっと見せてくれません?(笑)
きっとね、自分は「だめだー」って思っても
それは本物を見ていてその印象が強いからで、
ほかの人が見たら「すごい!」っていう写真に
なってると思うんですよね。
あんるさんのいつもの写真見てたらよけいにそんな気がするなー。

| f.l.clover | 2005/10/26 16:19 | URL | ≫ EDIT

すてきな写真。タイトルもまたいいですね♪

| ほんにゃん | 2008/10/01 22:58 | URL | ≫ EDIT

■ほんにゃんさん♪

こんなにさかのぼって見てくれて本当にありがとう♪

自分自身忘れかけていたこの頃気持ちも
思い出すよいきっかけになりました。

今の私に何よりの過去の私からのメッセージ。
ほんにゃんさん、今の私を感じとって
そして、ここを選んで、私にエールを送ってくれたんだね…きっと。
本当にありがとう!!

| f.l.clover | 2008/11/01 22:28 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://lomolog.blog8.fc2.com/tb.php/63-a50763cb

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。